FC2ブログ

50女 膠原病とともに ~ゆるゆる日々日記~
2009年6月に膠原病(皮膚筋炎・間質性肺炎)と診断され、 その後は家でのんびり療養している50女のゆるゆるな日々日記です。病気こと、家族のこと、ふつうのおばさんの日常を綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てってやっぱり大変です

子育てはやっぱり大変ですよね。
お嫁さんをみててもそう思います。
特に赤ちゃんが病気になると、
本当に親達は心配と世話で疲労こんぱい
『でもみんなそうやって子供を育ててきたんだよ、頑張って』
なんて、昔、自分も言われた同じことを言ってる私。

お嫁さん、娘の子育ては
私の体力が許す限り手伝ってあげたいと思ってます。

私の子育て・・・
私には現在28才の息子と26才の娘がおります。
またまた古い話になりますが・・・
息子が1才半までは実家に近いところで住んでいたこともあり
両親にいろいろ助けられてたのでしょうね
そんなに大変だったという思い出はないんですが、
その後、実家から車で30分(高速道路使用)のところに
引越してからが大変でした。
引越してすぐ後、下の娘が生まれて、

実家の母は公務員で仕事をしてましたし、
休みの日は父がお酒を飲むために、なかなか来てもらえなかったんです。
その上主人もその頃は一年の半分くらいは土日祝休みの無い仕事だったし
主人の両親はその頃、大阪に住んでましたから

2才の息子と赤ちゃんの娘との3人で過ごす時間が多かった私。
引っ越したばっかりで知り合いもいなくて
本当に大変でした。
元気なときはまだいいけれど、
どちらかが病気になったらもうどうしようもありません
もうお手あげ  T(;_;)T

そんな時、伯母(母の姉)が時々来てくれてたのです。
伯母は若い頃から体が弱く、それが理由で結婚してなくて家族がいない人
長時間バスに乗ってはるばるやってきてくれました。
ありがたかったです。
よく病院に一緒について行ってもらってました。
子供たちを可愛がってくれて、子供たちもとてもなついていて
わたしも甘えてて・・
そこで8年間すごし、
子供たちが小学生の頃、今の高松に家を建てて
二度目の引っ越しをしたわけです。

我々が高松に引っ越してから
伯母はしだいに体力がなくなっていき
外出が困難になったので、もっぱら私たちが会いに行って
子供たちの成長をみせていましたが
子供たちの受験の時期と重なって、
バタバタしている最中に亡くなってしまいました。

伯母が亡くなった後見つけたと
母が泣きながら見せてくれた遺品の紙切れには
『〇〇ちゃん、〇〇ちゃん(子供たちの名前) カズペコ夢をありがとう』と書かれてました。

子育てで一番大変だったあの頃
私にとって伯母の存在はありがたかった。
今でもというか、今だからこそありがたさが身にしみて、
頭が下がる思いです m(__)m

その時の思いがあるから、
伯母への感謝と恩返しの気持ちを込めて
私の体力が持つ限りお嫁さん、
娘の子育て(こちらはまだ先の話ですが)のお手伝い、
孫育てに関わっていきたいと思ってるんです



スポンサーサイト
Category :

Comment

こんにちは
良いお話、ウルウルしながら読ませていただきました
  ”子育ては、希望があるから、大変な事があっても出来る”
私は今、そう思っています
子育てと介護を経験したばあばの感想
可愛い可愛いお孫ちゃん
もうすぐ「おばあちゃん大好き」~と
しがみ付いてきますよ(^^)
2012.02.08 14:40 | URL | ううたん #- [edit]
誰もが、多かれ少なかれ、大変な子育てですが、
暖かく助けて下さる方がいてこそ、なんとか踏ん張れたりしますよね。
孤独なだけでは、心がポキッと折れちゃうことだって、あるでしょう。
おばさまは心優しく、温かい方だったんですね。
その心は今、カズペコさんが引き継いでおられるのだと思います!
涙がでてくるようなお話でした・・・
ありがとうございます。

私も、自分の育て方が下手だと思ってた頃、
社宅の先輩奥さんが、
「(子どもの悩み)みんないっしょだよ」
と言ってくれて、心が軽くなったなぁ。
感謝.....

2012.02.08 21:01 | URL | サ・エ・ラ #DDJALrL2 [edit]
感謝の孫育て
こんばんは
似た経験をしたので、読ませて頂きながら胸が熱くなりました。私の母も
公務員でした。お産は3回とも実家で世話になりましたが、昼間は父と母の
妹が母の代わりに来てくれて面倒見てくれました。
二人の叔母も今は亡く、恩返しも出来ないままで心残りでした。

カズペコさまの仰るように、その感謝の気持ちを込めて孫育てのお手伝い
させてもらおうと思いました。
2012.02.08 23:52 | URL | fumi #Jf6ANq.c [edit]
ううたんさんへ
そうですね、私には親の介護という大仕事も待ってます。
今はまだ大丈夫な両親ですが、
いずれ必ずやってくることです。
孫は可愛くて大変でもついつい笑顔になってしまいますが
介護が必要な親に私はどんな顔をして
向き合ってるのかな
想像すると、気が重くなりますね。
2012.02.10 12:11 | URL | カズペコ #- [edit]
サ・エ・ラさんへ
ついつい思い出してしまいますね、昔のことを。
でも、不思議です、
怪獣のように大泣きして暴れてる孫でも
なぜか可愛くて、おかしくて
笑いながら向き合ってられるんです。
昔は泣いてる子供と一緒に泣きそうだったけれどね。
『孫は特別可愛い』というのは本当ですよ。
2012.02.10 12:16 | URL | カズペコ #- [edit]
fumi さんへ
私も以前fumiさんのブログで、お母様が公務員って言われてたの
覚えてます。
母に対する気持ちは複雑です。
私は母とは違った生き方を選びました。
子供は自分の手で育てたかった。
でも、結局育てられたようにしか
育てられないんだなっ思いました。
子供たちには「お母さんは放ったらかしだった」
って言われたことあります。
ちゃんと向き合ってきたつもりだったけど
ショックだったな。

2012.02.10 12:28 | URL | カズペコ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kazupeko0728.blog89.fc2.com/tb.php/195-88a9b8a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。