FC2ブログ

50女 膠原病とともに ~ゆるゆる日々日記~
2009年6月に膠原病(皮膚筋炎・間質性肺炎)と診断され、 その後は家でのんびり療養している50女のゆるゆるな日々日記です。病気こと、家族のこと、ふつうのおばさんの日常を綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い時 ところてんはいかが?

暑い(~Q~;)
今年は節電ガンバルゾー
クーラーもなるべくつけないでどこまで頑張れるかなーー

なんてはりきっていた私ですが
部屋の温度が30度になると
根性のない、体力のない、
そして我慢の出来ない私は
すぐクーラーを付けてしまいます。(28°設定)
ごめんなさい・・・
暑いと動けません・・・・(-_-;)



そんな暑い日は涼しい所に行って冷たい食べ物を
ということで、香川県坂出市にある
ところてん茶屋 清水屋に行ってまいりました。
高松から車で40分

ところてん6
ピンクの紫陽花がきれいに咲いていました。
前日に雨が降ったせいもあってしっとりした雰囲気

ところてん5

ところてん4

ところてん2
メニューはこれだけ、おやつ感覚です


ところてん3
からし酢しょう油を食べました。

ところてん1
お店の雰囲気はこんな感じ。お茶屋さん、屋根はあるけど壁はありません。


江戸時代から続いているお店だそうです。
隣に湧き水があり、暑い日はその冷たい水で涼を感じるという
わけですね。
昔の人はその冷たい湧き水と
喉ごし冷んやりのところてんに
涼を求めていたのかしら


クーラーの涼しさもいいけれど、
たまにはこういうところで
昔の人みたいに身体と喉を冷やしてみるのもいいかもね(^_-)-☆

スポンサーサイト

嫁姑・永遠のテーマ

友達曰く
自分が嫁姑で苦労したことがないので
娘が自分の分まで背負っているのかな  


友達はご主人の実家が遠方であることから(北海道とか沖縄とかって思ってください)
ご主人のご両親とは疎遠で、嫁姑の問題とかにも縁がない
結婚生活でした。

彼女の娘さんは2年ほど前に結婚し、
赤ちゃんにも恵まれましたが
出産後の育児疲れやら、
また旦那さんのご実家が近いということで
義理の御両親との付き合い方に悩み
体調を崩してしまったのです。
深刻です。

そんな娘さんを心配して出た彼女の一言です。



みんなそれぞれ性格が違うように
嫁姑の関係もそれぞれ違います。


ただ、親しくなりたいだけのご両親なんだけど、
それが育児疲れでクタクタのお嫁さんにとっては
負担だったりしますしね・・・・
わかる、わかる、よくわかる
今の私は両方の気持ちがわかります。

嫁も姑もお互いに気を使っているのだけど
向いてる方向が違うんだろうね。
違う方向むいて頑張っているんだろうね。


でも、体調を崩すまでになると
放っておいてはいけません

そこで頑張らないといけないのが・・・旦那さん

とりあえずは赤ちゃんとお嫁さんを守るためにも
ひと肌ふた肌脱ぐ覚悟でお嫁さんと両親の仲を
うまーーく取り持ってもらいましょう。

うまーーくです、出来るかな??

私の主人、もうすぐ結婚30年になりますが、
いまだにその うまーーく取り持つ っていうの、
苦手のようです。
嘘がつけない真っ正直な人ですから・・・・

丸く収めるためには嘘も方便なのですけどね


なかなかうまくできないから、
これは永遠のテーマなのでしょうね。

行ってきました「海の見えるカフェ」

「海の見えるカフェ」って名前のカフェ行ってきました(^_-)-☆

海の見えるカフェ1
絶景を見ながらロールケーキと紅茶をいただきました。
来島海峡大橋がキリでかすんでる。


海の見えるカフェ4
ウッドデッキにも椅子があちこちに置かれていて
外も気持ちよさそう、でもあいにくの雨でした。


海の見えるカフェ3


海の見えるカフェ2
こちらはウッドデッキから見た景色
見事な景色  晴れてたら最高だったのにねーー



土日祝日の
高速道路料金上限1000円が終了するというので
ちょこっと遠出をしてきました。

しまなみ街道のある愛媛県今治市に
名前もそのものズバリの 「海の見えるカフェ」 
という絶景カフェに行ってみました。

高松からは車で2時間半。

少しわかりずらい場所にあったけど
来島海峡大橋と瀬戸内海を一望できる
素晴らしい景色を見渡せるカフェでした。

何よりも残念だったのが、天候
小雨がシトシトシトシトシトシト・・・・ ('_')
あいにくの天候で、海も霧がかかりドンヨリ
来島海峡大橋も行き交う船も小島も
みんな灰色にかすんました。

スッキリ晴れた日、青空の下で見る景色はどんなにずばらしいだろう
と思うと非常に残念でした。

ランチでも食べようとちょうどお昼に着いたのだけど
ランチはなくて、
しかたなく、ロールケーキと紅茶をいただきました。
それも残念 (=_=)

絶景の見えるカフェはお料理にはチカラ入ってないのかな
こないだ行った「花ばたけ」っていうカフェも
ケーキと飲みものだけだったし。

絶景+美味しい食事があれば
また晴れた日にもう一度って思うんだけど・・・・・

商売としてはいろいろ難しいんでしょうかね。

こちらも定年後のご夫婦が商売っ毛抜きでやってる風でした。




幸せになる言葉

1ヶ月前に主人は大腸の内視鏡検査をして
その時、直径5ミリ~10ミリのポリープを2個切除したのです。

そのポリープの細胞検査の結果を聞きに行く日が今日でした。

結果は 心配なし、問題なし
良性だったということです。

心配なし、問題なし ・・・ いい言葉ですね
幸せを感じる言葉ですね。
まわりの景色がパッと輝いて見えます。
ほんと、よかった

今後の検査については、
職場の健康診断で引っかかったら内視鏡検査をするという
今までどおりでよいとのことです。


実は、主人の父親も私の実家の父も
主人くらいの年齢の時に同じことを経験しており、
それも1度じゃなくて2度、3度、
でも主人の父も80才まで生き、私の父もいまだに元気です。
だから、そんなに珍しいことではないし
深刻なこととは考えてませんでしたが、

やはり主人のこととなると、もしかして、万が一って心配ではありました。

あと30年は元気でいてもらわないといけない人ですから

義母もとても喜んでました。
大事な息子ですからね。

「便通がよくなるように繊維質のものを食べさせてね、こんにゃくとか・・・」
義母よりワンポイントレクチャーを受けてしまいました。

主人の便通、よすぎるくらいなんですけど
でも繊維質のものは生活習慣病にもいいらしいので
頑張ってみんなで食べるようにします。


怖いくらい

今日は通院日
ステロイド5mgになって約一ヶ月
すこぶる順調です。
こんなに順調でいいのかな、ちょっと怖いくらいです。

いつまでこの良い状態が続くのだろう
今の私にはずーーと続いていくような気がします
2年前の入院した頃が夢だったような・・・・
ありがたいことです。


今日はガン検診の日を決めました。

2年前の入院時に検査して以来やってない
骨粗鬆症 の検査も一緒にして欲しいとお願いしてました。

でも主治医はそれは必要ないと思ってるようです。
なぜなら私のようなポッチャリLサイズ体型の人は
骨粗鬆症になりにくいのだそうです。
ポッチャリ体型が役に立つこともあるんだね

骨密度 2年前の検査の結果は
    1.035   同年齢の平均と比較すると  98%
            若年青年と比較すると    92%
まずまずのようです。

それと最近、足の付け根に違和感を感じる時があったもんですから
ちょこっと聞いてみました。
カズペコ「私の場合、大腿骨壊死って・・・

主治医 「全く心配ないです

   即答やん  私がまだ全部言い終えない前に否定されました。

でも、安心しました。

私自身、 大腿骨壊死  については
ステロイドの副作用の一つらしいことくらいしか知らなくて、
わからないだけに不安のひとつでもあったのです。

あんなにきっぱり  大丈夫  と言われたら
スッキリしました。
なぜ大丈夫なのかはわかりませんが
もう心配しません。

ああ今の良い状態がずーーーと続きますように
そして、もう少しだけ薬が減らせますように



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。