FC2ブログ

50女 膠原病とともに ~ゆるゆる日々日記~
2009年6月に膠原病(皮膚筋炎・間質性肺炎)と診断され、 その後は家でのんびり療養している50女のゆるゆるな日々日記です。病気こと、家族のこと、ふつうのおばさんの日常を綴ってます。

かぼちゃ大好き

材料

スープ



子供の頃は食べられなかったけど、
おとなになって好きになった食べ物がいろいろあります。
なかでも かぼちゃ 大嫌いだったけど今は大好きです。
一年中スーパーでかぼちゃを探してて、
冷蔵庫の中で常備してあります。

昔、かぼちゃ料理といえば煮物、
あの深緑の皮の部分がグロテスク
味がどうこういうより見た目でダメでした。

今では、ハロウィンなんて洒落たイベントの主役になんかなって、
お菓子や、ケーキの材料になったり、グラタン、サラダ等など
多様な料理の食材としてイメージも一新です。

でも私はやっぱりしっかりお出汁のきいた煮物が大好きで、
よく作って食べてます。

あとよく作るのが かぼちゃスープ
かぼちゃ ・ にんじん ・ たまねぎ ・ セロリ をオリーブオイルで炒め、
水と固形スープの素2分の1をいれて煮込み、やわらかくなったら
ミキサーにかけて出来上がり。
冷え性に良さそう。


芋・たこ・なんきん(かぼちゃ) 女性が好きな食べ物の
代名詞として使われるらしいです。
大好きですねーー  私もちゃんと女だったってことですかね。
そろそろ女でもなく、男でもない性別を越えた生き物になろうとしてますが・・・
いや、もうすでになってるか

スポンサーサイト



前向きでいこう

最近病状も落ち着いてて、体調も良いので、
病気のことで落ち込むことも少なくなりました。

病名が判明した当初はインターネットでいろいろ調べて、ひどく落ち込んだりしたものです。
特に間質性肺炎には泣かされました。
私に老後はないのか、年金ももらえないのか、あんなに納めたのに(大うそです)
親の介護もできないのかな、親に介護してもらうことになるのかな・・・なんて

最初病気を見つけてくれた膠原病の名医は私が落ち込んでると
名医    「インターネットで調べたことすべて真に受けてはだめ。
      同じ病気でもみんな違うし、みんな良くなってる。」

カズペコ  「ほんとですか? 10年後のわたしはどうなってますか?」

名医    「10年後だって笑っとるよ」
   この言葉に不覚にも泣いてしまいました

呼吸器内科の先生にも同じ質問したら
先生    「嫌かもしれませんが20年も30年も生きられますよ」

今でもこの二人の先生の言葉に支えられてます

今の主治医は、そんな私が喜ぶような甘いことは言いません。
この病気は治りません とはっきり言われたし。
どんな未来が待っているかは、誰もわからないし、私もそんなことを聞かなくなった。

病気を悪化させないように、病気を増やさないように
自分が気をつけるしかないし、
いくら気をつけても悪くなるときはなるし
どうしようもないものね。
先のことは誰もわからない。
せめて今、自分でできることをコツコツ前向きにやっていくしかない。


花嫁の母の友人

本日大安ということで、
友達が息子の結婚祝いを持ってきてくれました

2年前私は、彼女の娘さんの結婚式に
花嫁の母の友人として出席した経験があるんです。
ほんのちょっとした思いつきで
いまどきの結婚式事情が知りたいから出席したーーい  なんて
今から考えるととっても無謀な失礼なことを言ったりして。

でも結局、親族の誰かが急に欠席になったということで
私が花嫁の母の友人として出席することになり、
25年ぶりくらいに結婚式というものを堪能させていただきました。

病気になる前だったからメタボな体系で、
叔母の着物をパッツンパッツンに着て、短い髪をむりやりアップにしてもらい
嬉々として結婚式場へ出かけていきました

花嫁さんはもちろん、友達以外の人とはまったく面識ないのに、
今思えばけっこう迷惑だったかもしれないなと反省してます

で、もうすぐ息子の結婚式、
ほとんどぶっつけ本番になりそうだけど
なんとなくイメージが頭にあるのはその経験のおかげです。
ありがとう


ところで
息子の結婚式は遠方ということもあって、彼女に招待状は出してません。
なんかほんとに   すみません って感じ


明日は高知です

主人の風邪も、私がうつることなく終わりをむかえやれやれです
症状がきつかったときは、主人は帰宅しても寝室にこもって、
私と一緒になるときは二人がマスクをして、
いろいろ気遣ってくれたおかげで私は無事でした。

一難去ってまた一難
今度は楽しい一難です。
11月に結婚する息子の前写しが明日あるのです。
急きょ決定土佐の高知に行ってまいります。
息子の結婚式は仕事の関係で高知で行うのです

前写しとは結婚当日に写真を撮るのではなく
別の日に思い出の地に行ったり
披露宴で着られないドレスを着たりして撮影するシステムです。

何とか結婚式には元気に出席したいし、
それまで無理せず、体調を整えておこうと思っていたから
前写しは参加するのあきらめていたのですが、
昨夜息子に「お母さんもおいでよ」なんて甘い言葉をかけられた母は、
気持ちは揺らぎ、次の瞬間には何着ていこうか?なんて考えて・・・

病気してから一人での遠出は初めてです。
いつも主人の車で連れて行ってもらってたのですが、
今回は平日なので私一人。
少し心細くて不安ですが、花嫁さんのかわいい姿も見たいし
なにしろ息子の甘い言葉はめったに聞けるものではありません。
高知まで特急で2時間頑張って行ってきます

さっそく、美容院に予約をいれ、
やっぱりスカートだよな・・でも明日寒そうだし 何着ていこう なんて
洋服もあれやこれやと出したり入れたり
今日・明日は久しぶりに忙しくなりそうです


簡単・おいしい・ヘルシー

たじんなべ


タジン鍋中身あり

簡単・おいしい・ヘルシー

最近タジン鍋にはまってます。
今日は晩御飯作るのめんどくさいなと言う時(多々あります)
そんな時はタジン鍋です。

新しい物好きの母が春頃買ってきて、
いまでは、二つあります。

野菜がたくさん食べられるし、簡単で、
意外に本当においしいのです。

火の通りにくい野菜から順に重ねていき、
野菜の上に肉をのせて、
上からお酒、オリーブオイル、しょうゆ少々
ふりかけてふたをして蒸します。
胡麻だれ、ポン酢などで食べるとおいしいですよ。


今日の具材 (底から)
かぼちゃ ・ さつまいも ・ たまねぎ ・ きのこ類 ・ ニラ ・ キャベツ・
チンゲンサイ ・ プチトマト ・ 豚肉
でした。 
野菜たっぷり食べられて、
温まったし、美味しかった  よかった よかった