50女 膠原病とともに ~ゆるゆる日々日記~
2009年6月に膠原病(皮膚筋炎・間質性肺炎)と診断され、 その後は家でのんびり療養している50女のゆるゆるな日々日記です。病気こと、家族のこと、ふつうのおばさんの日常を綴ってます。

昔の友達

昔の友達が結構な偉い人になって
今までに3度ほどテレビに出たりしてます。

高校時代私にとっては一番の友達だったんだけど
彼女にとっては私ってどうだったんだろう
って今更ながら思ってます。

もともと上昇志向の強い人だとは思っていたけれど
大学院までいって、その後も仕事しながら
子育てしながら
ずーーーーと勉強してた。
いつまで勉強するの?
勉強好きやねーーーなんて
思っていたけれど
ここまで、立派になってしまうとは。
高校時代、同じように馬鹿なこといっぱいして
大笑いしてたけど
えらく違った人生になってしまった
いや、最初から見てる方向がゼンゼン違ってた
薄々感じてはいたけど
私はあの時のマンマ

私はただ平々凡々な幸せな結婚生活を夢見ていたけど
彼女は違っていたようだ。

彼女の友達だったことは(過去形?)誇りです。
ズーーーと1年に一度は会ったりしてたけど

今となっては、あまりにも偉い先生になってしまって
私とは180度違う人生を歩む彼女に
忙しすぎる彼女に
「会いたい」なんて
なかなか言えない。

でも、本当は、いつか
二人でちょっとした旅行にでも行って
じっくり話がしたい
でも、私が話すことといえば、孫自慢、義母のグチ、夫のこと、病気のこと
そんなことしかない
ああああーーーやっぱりダメだ。
スポンサーサイト

孫の七五三夢だったんです

こないだ、孫くんの七五三でした。
孫の七五三に、近所の八幡神社に行く
っていう夢がまた一つ叶いました。

ありがとう



201411161052001.jpg
息子と孫くん

201411161156001.jpg
主人(ジージ)と孫くん

201411161156000.jpg
りりしい後ろ姿の孫くんと
怪我の部分を日光に当てないように
マスクしてる主人です
Category :

身体に自信がもてない最近

昨日、通院日でした。
我、クールビューティーの主治医(ショートカットのカッコイイ女医)に
こないだの膀胱炎の一件を話したら
意外に受けてしまって、大笑いされました。
こちらは、そんなつもりないのに

膀胱炎になる前に一度風邪をひいてて
膀胱炎後にもう一度風邪をひいて

抗生剤をずっと飲んでいたから
食欲が無くて、ダルくて
身体がいつまでもシャキッとしなくて・・・・
でも、いろいろ諸用があり、毎日出かけなくちゃいけなくて
ずっと横になりたい、横になりたい・・って思ってて、
なんか身体に自信が持てないのです最近。
主治医に聞きました。
「やはり、膀胱炎にもなるし、何度も風邪ひくし、身体弱いんですかね、やっぱり。
健康な人がサッサとできることが、できないということは
やっぱり、弱いんですかね。」

って言うと。

「いろんなことが重なって疲れたんでしょ、
健康な人でもそんなときは、膀胱炎になったり、風邪ひいたりしてるよ。
大丈夫、大丈夫、普通だよ。」

って言ってもらいました。

普段から本当のことしか言わないし、余計なことは言わない主治医に
そんな頼もしいこと言ってもらえると
ゲンキンなもので
元気出ました

主人にそのことを言うと
「気持ちの問題!、カズペコは気持ちが弱いの!!」
って偉そうに言われました。

私が疲れる原因の一つにあなたの大怪我事件もあるんだよ
と言いたかったが、
やめた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。